MEMBER
nozomi ishimura

入社したきっかけ

もともと芸能関係の仕事をしたくて、学歴がない自分でも出来るものはないかと探していた時に撮影警備を見つけて応募しました。

入社して変わったこと、学んだこと

入社前までは警備経験はなく、仕事内容も正直地味というイメージしかなかったのですが、実際に撮影の現場に入る時や出来上がった作品を見た時に、出演者やスタッフさん、近隣の住民の方などの安全を守りながら撮影の進行をスムーズに出来るようサポートすることが、この仕事も作品作りにおいて大事な役割を果たしているんだなあと感じます。芸能の仕事はとても華やかなイメージがありますが、スタッフや出演者だけではなく、それ以上のたくさんの方の協力があってこそ数多くの作品が作られていると思います。
私自身、今はまだ警備の新人ではありますが、これからもより多くの作品に携わってエンタメというツールを使ってたくさんの人の心を動かすことで、この世界を明るくさせていきたいです!。

皆様にメッセージ

警備という職業は求人をサイトを見たことのある方は必ず目にした事があるかと思いますが、撮影警備というものはあまり聞いた事がない方が多いと思いますが、よく見かける交通警備や、学校や会社、ショッピングモールなどにいる施設警備とは違い、ドラマや映画などの撮影現場などで警備をする、ちょっと珍しい仕事です。
もともと警備に興味がある方や、芸能関係の仕事に就いてみたい方、撮影警備だからこそのやりがいや学べる事がたくさんあります。
より良い作品作りが出来るよう、まずは裏方からお仕事始めてみませんか?